The Latest Blog

トップ Blog List > Detail

実は...

更新日:2018/06/06


ドライヤーって髪が傷みそうだから自然乾燥している〜というそこのあなた❗️

実はドライヤーの方が髪や頭皮にはいいんです❗️✨

髪の毛を洗ってすぐに乾かさないと、水分が髪や頭皮に付着したままなので雑菌が繁殖して、フケやかゆみ、匂いの原因に。。crying
髪の乾かし方一つで、翌朝の髪のコンディションも違います。

ドライヤーと髪の毛は10センチ程離して当てます。
先に根元だけ乾かします。
毛先はダメージがあって乾きやすいので、最後に乾かします。

最終的には髪の全体で8〜9割乾いている状態でストップ。

ロングヘアーの方、髪にボリュームを出したい髪には...
 下を向いてドライヤーで乾かします。
(ロングヘアーの方は根元が乾かしやすくなります)

トップにボリュームをもたせたいショートやボブヘア、ペシャンコ髪には...
 トップの髪を鷲掴みにして、根元に起こすようにドライヤーの温風を当てます。
 そして手はそのままにして、ドライヤーの冷風で冷ますか少し放置。
 ショートヘアのトップにボリュームを持たせたいなら、プラスで襟足は浮かないように
 ロールブラシか手の平で襟足を抑えながら温風を当てて、最後に冷風で固定。

広がりやすい、多い、くせ毛など...
 ある程度乾いたら、髪の毛を下に引っ張るように根元から毛先に向かってドライヤーを当てます。
 最後乾き終えたら、頭頂部をロールブラシなどで上から当てて抑えるか、手の平を当てて抑えながら温風を当て
 冷風を当ててしっかりボリュームダウンを固定。

パーマのウェーブを出す
 根元を大体乾かしたら、毛束をクルクル指に巻きつける感じでドライヤーの温風を当てて、最後に冷風で固定。
 ドライヤーの風を強風にするとウェーブが弱まってしまうので、ここは弱風で。

カール感を出す
 ある程度乾かしたらカールを出したいところを握るようにくしゃっと掴みながら温風を当てて、最後に冷風で固定。
 ここも強風を当てるとカールが散ってしまうので弱風で。

外はねスタイル
 ザッと乾かしたら、ポイントでランダムに毛先が外に向くように指に毛先を挟んで温風。
 そしてまた最後に冷風で固定。


最初は温風で当てて、最後は冷風と流れを意識していきましょう❗️angel

そしてほぼ毎日使用するドライヤーも、せっかくならケアできるものに❗️

それが...✨heart復元ドライヤーheart



そしてそしてなんとこの復元ドライヤー、肌にも良いんです❗️laugh

育成光線という電磁波があるのですが、細胞一つ一つを振動させて活性化するのです。

人間の体と同じように細胞も動かなければなまってしまいます。

細胞も育成光線によって動かされ、活性化することで血行が良くなり、体の新陳代謝が促進されます✨

毎日のケアだからこそ、髪も肌も活性化してくれるものにしちゃいましょう❗️